06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 「オバケより一番怖いのは人間やで」 | top | 何故だろう? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
Blackwater Park/Opeth
Blackwater Park
Blackwater Park

最新作『Ghost Reveries』の"The Grand Conjuration"のPVを
偶然見てしまい、Opethに見事ハマってしまったわけで
8th『Ghost Reveries』、7th『Damnation』、5th『Blackwater Park』
以上3枚買っちまったよ。
一番気に入ったのがこのアルバム。

クリーンボイスとデスボイスを使い分け、
アコースティックなパートとヘヴィなパートを組み合わせ、
”静”と”動”、”明”と”暗”の対比、というより融合をやってのけてます。
そう簡単な事ではないと思うんやけど
それにしても神秘的というか耽美的な雰囲気を持ってます。
このアルバムのジャケットのような。

しかも、10分を越える曲が当たり前のように存在するバンド。
普通なら聴いているとダレてしまいそうだけど
ボーカルの表現力、楽曲の良さと展開で、うちは全く気にならず。
デス声が悲しく聴こえてしまうなんて・・・。
何気にドラムがすごい。

8曲67分、内10分超えの曲が3曲ってな大作なのだけど
CDをプレイヤーに入れて再生した時から
こっちの世界とはしばらくお別れ、さよならバイバイってな具合で
あっちの方へ逝けてしまいます。(誇大広告)

懸念材料とすればデス声に対する耐性ですかね。
そういう場合はデス声無しの『Damnation』で。

ところで彼らは”プログレッシブ・デス・メタル”バンド
という事らしいけど、何のことやらさっぱり・・・・。

そもそも、うちには未だに何をもってプログレと言うのかわからないし
前衛的なロックの事ですよ、とだけ言われても困るわけで
やはり実践あるのみか、と思い立って
Pink Floydの『原子心母』が家にLPであったので
「プログレといえばPink Floydやろー」
という単純な考えだけで聴いてはみたのだけど
何がどうなのか全然わからず仕舞い、
結局、好き嫌い以前の問題のまま、プログレにはそのままノータッチ。

まぁOpeth聴いても、「これがプログレかぁ」なんて思うわけもなく
益々もって「プログレって何さ?」と、うちの頭を悩ませるのです。
ゆーすけ | 音楽 | 04:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 04:00 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
URL: