06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
騙しの天才―世界贋作物語
騙しの天才―世界贋作物語
騙しの天才―世界贋作物語

題名だけで何となく借りてみたんやけど
結構おもしろかったので。

”事実は小説より奇なり”とはよく言ったもんです。
ゆーすけ | | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
空のオルゴール
空のオルゴール
空のオルゴール
中島 らも

最近TVの番組でよくマジックやってるのを
よくもあんなアイディアがよく思いつくもんだねぇと
ほんま感心しながら見ている一視聴者です。

うちが覚えてる限り大体の人が言うてると思うの。
「タネ明かしをしたら”なーんだ”って思いますよ」って。
それでも思いついただけでもすごいやんか。

この本の中にロベール・ウーダンという
近代奇術の父と呼ばれる奇術師のお話が出てくるのだけど
彼はアルジェリアで起こった反乱を奇術で鎮圧したっていう
想像も出来ないような事をやった人で
本作では彼の自叙伝にあるその時の種明かしが読めるのですよ。

ほんとに”なーんや”って思ってしもた。

全く持ってしょっぱなから脱線な訳ですが
お話は?というと奇術師vsファンダメンタリストに雇われた殺し屋という
理不尽な世界での生死を賭けた対決。
そういえば、らもさんが大好きだという山田風太郎氏の忍法帖シリーズ
(どれだか忘れたけど)の設定をオマージュしたような小説、
みたいなことを自身の著書(たぶんエッセイ)で言うてはりました。

奇術、格闘技など、このお話に出てくる設定の細かさは
らもさんの小説を読むたびに
”めっちゃ勉強してはるんやろなぁ”
と毎度感嘆してるんやけどもう読めないんだよねぇ。

後、町田康氏のあとがきはお見事としか言いようのないです。
ゆーすけ | | 02:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
耳そぎ饅頭
耳そぎ饅頭
耳そぎ饅頭
町田 康

近頃リリースしたCDが売れないのは
偏屈な自分の歌なんか聴く人なんかいないからで
それは今まで”遊び”に全く興味がなかったからであって
世の人達がやっている”遊び”をすれば
たちまちCDが売れて収入アップだ、
と考えつき”遊び”に行く作者。

町田康のエッセイを読んでて思う。
これは本気なのか冗談なのかって。
『わーい。小生もラッコが見たーい』
なんて言葉が普段からパンク歌手を公言している
人物の口から発せられたなんてイメージできねぇ。
これが”あの”町蔵さんですか?!ってな感じ。

でもこれ読んでたらちと考えが頭を過ぎったのですよ。
そう思うから余計おもしろさが増すのか。
もしかしてこれって町蔵さんの計略かしらんって。
ははは、絶対考えすぎ。
ゆーすけ | | 02:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
バタアシ金魚
バタアシ金魚 1 (1)
バタアシ金魚 1 (1)
望月 峯太郎

前から読んでみたかったんやけど
妹に先手を打たれ5巻まで買いやがったので
頼んで読ませてもらった。

最後の6巻だけ何でないねん。
どうも地元の本屋、中古屋では全く持ってレアなのか
としか言い様のないほどにおいてない。

映画になってる方も少し見た事あるけど
漫画の方は「こんなお話なん?!」ってぐらい
映画で作ってしまってたイメージが変わってしもた。
読んでたらゲラゲラ笑ってしまうんやもん。

後、読んでたら稲中の前野を思い出した。
あんな変態じゃないけど勢いというのかパワーというのか
無闇に殴ったりするとことか
何かわからんけどすごい所とか。

稲中の作者が望月峯太郎のファンだって
稲中の最終巻の最後で見たような覚えがあるけど
これ読んでたらわかるような気がするねぇ。
ゆーすけ | | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
実録・外道の条件
実録・外道の条件
実録・外道の条件
町田 康

本屋に行ったら文庫になってたのを見つけたんで買いました。
まだ読んでないけど。

こないだの成人の日に町田康をTVで見ました。
こんな番組に出るとは本気でびっくりした。
大阪じゃお馴染み、成人の日と言えば
”ABCお笑い新人グランプリ”で。
一週間も前の話なのに。

去年も審査員としていたらしいね。
落語好きっていうのは著書読んでて知ってたけど
何かすげぇぞABC。

司会の三枝師匠にコメント求められても
そのコンビの良いとこ見つけようとして
一生懸命褒めようとしてたのが何か印象よかったねぇ。

でもコメントしてても扱い方がちと軽く見えたけど
その前にどういうご職業なのかみんな知ってるんか疑問。
てか誰?って思ったんやないかなぁ。
ゆーすけ | | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1/3PAGES | >> |